尾崎のちなっちゃん日記

今度ちなっちゃんに会いたいと思ってるんだけど、今どこに住んでるか知ってる?

肥満になる原因は自分の生活習慣にある

肥満になる原因は自分の生活習慣にある

肥満になる原因は自分の生活習慣にある

肥満の原因として多くの人がイメージするものは、食べ過ぎによるカロリーオーバーでしょう。消費するカロリー量より、食事などで摂取するカロリーのほうが多ければ、使い切れなかったカロリーが余って肥満の原因になります。

消費しきれず余ったカロリーは脂肪になる

 

生命維持や運動で消費しきれない量のカロリーを体内に取り入れると、余った分は脂肪になります。肥満の原因になるエネルギーとはどんなものかを知ることで、肥満の対策を立てることができます。

 

  • 口寂しいからと四六時中ものを食べていると1日の摂取カロリー量は多くなります。
  • 寝る前の食事は、余剰カロリー扱いになります。
  • 同じ重さの食事をした時に、油が多いほうがよりカロリーの高い食事になります。

自分が普段何を食べているかをチェック

肥満の原因をつくらないためには、普段どんなものを食べているかがとても大切になります。肥満体型から脱却したいという考えがあるなら、まずは、自分が普段何を食べているかをチェックしましょう。

不規則な生活習慣や睡眠不足な生活も肥満の原因に

 

肥満の原因は、食事以外でいえば、不規則な生活習慣や睡眠不足な生活が関わっています。痩せている人の中には、日々アクティブに、活発に活動しているような人がたくさんいるものです。行動量も少なく、体を動かすことを億劫に感じている人は、肥満体型の傾向があります。何が原因で肥満になっているか、自分にしかわからないこともあるはずですので、食事や生活などを見つめ直してみてください。

肥満の予防には食生活を改善することが大切

日本人の肥満率は高くなっている

肥満にならないための予防方法

肥満にならないための予防方法

肥満にならないための予防方法は日頃から生活習慣を改善することが大切です。日本人の肥満率は高くなっています。国民的な疾患として肥満を取り上げる必要がある時代になっています。

アメリカ国民の70%が肥満になっている

 

日本以上に国民の肥満率の高い国にアメリカがありますが、実にアメリカ国民の70%が肥満になっているといい、日本も今後その道をたどることを懸念されています。運動不足の生活や、カロリーの多すぎる食事を摂っていることが、肥満体型の背景にあることが知られています。

食事内容を見直し、運動量を増やす

食事内容を見直し、運動量を増やすことが、肥満の予防には大切だとされています。野菜を多目に食べること、肉よりも魚を主菜にした食事を意識することが、身体にいい食事の基本です。

 

カロリー過多にならないことと、食べたカロリーは運動で使うことが大事です。食生活を改善した上で、毎日少しだけでも良いので、エクササイズをすることが肥満予防につながります。

簡単に実践できて、道具や技術もいらない運動

定期的にジムに行って体を動かすこともいいですが、スケジュールが詰まっていて運動に時間が割けないという人もいます。簡単に実践できて、道具や技術もいらない運動としては、ウォーキングやエクササイズなどがあります。日々の生活の中で運度量を増やし、効果的に脂肪を燃やすという方法もあります。電車やバスの移動距離を短くして歩く距離を増やしたり、階段を使うなどのやり方が有効です。

肥満予防に効果があり、コストパフォーマンスもいい

肥満予防に効果があり、コストパフォーマンスもいいという点でいい方法です。肥満を予防するためには、自分に合った方法で、長期にわたって続けられそうなやり方を選択することが、成功の秘訣です。